メニュー

記事をさがす

キーワード:

リューブゼリーやウエットトラストは潤滑ゼリー。妊活ゼリーとの決定的な違いって?

潤滑ゼリーってどれを選べばいいの?

使用することで性交痛を軽減してくれる潤滑ゼリーは妊活を行ううえでの優れモノと言えますが、みなさんはどの潤滑ゼリーを使用していますか?

潤滑ゼリーには数多くの商品があるので、その中からどれを選べばいいか迷ってしまった経験のある方もいるのではないでしょうか。
(私はかつてそうでした。笑)

そこで今回は、人気の潤滑ゼリーについてご紹介していきます。

妊活中の人が使ってはいけないゼリーがあった?!

よく耳にする商品名として「リューブゼリー」「ウエットトラスト等が挙げられます。

リューブゼリー ウエットトラスト

これらの商品は潤滑ゼリーとしては申し分なく、うるおい不足の悩みが解消されたという口コミもしばしば見かけます。

ただし、これらの商品はゼリーの状態によっては精子の運動を妨げてしまう事もあると言われています。

授かることを望んでいる方にとって前述の商品を使用するのは得策ではないようです。
では、妊活に効果的なゼリーとはどういったものなのでしょうか?

精子が到達しない環境って?しっかり届けるために必要なこととは

授かりやすくなるうえで大切なのは、
多くの元気な精子が卵子のもとへ届くように、女性の体内環境を整えるということです。

そのためには浸透圧・粘度・pH値といった要素が重要になってきます。

そしてそれら3つを適切な状態にしてくれる成分を含んでいるのが、妊活のための潤滑ゼリー、通称「妊活ゼリー」です。

妊活ゼリーを徹底比較!

授かるためには何が重要で、通常の潤滑ゼリーよりも妊活ゼリーと呼ばれるものを選んだ方がいいという事まではご紹介しました。

しかし実際にどの商品を購入するかは、配合している成分はもちろんのこと、その他に価格や衛生面といったところも気になってきますよね。

そこで、数ある妊活用ゼリーを徹底調査し、比較したものを下記にまとめてみました!

妊活用潤滑ゼリーを比較

eggsuport pregujelly huhnersupport preceed
商品名 エッグサポート プレグゼリー フーナーサポート プレシード
金額(税抜) 6,980円
2,080円+シリンジ代 5,500円 4,740円
割引率 3箱13,600円(30%OFF) 割引なし 3箱13,500円(20%OFF) 割引なし
製造国 日本 日本 日本 アメリカ
内容量 4.5ml×5本 60ml 1.6ml×7本 4.4ml×9本
特徴 使い切り 塗布式 使い切り 充填式
pH値 弱アルカリ性 弱アルカリ性 弱アルカリ性 弱アルカリ性
浸透圧 ×
イオン組成 × ×
粘度 ×
安全性試験 × ×
返金制度 × × ×
総合評価 1位 2位 3位 4位

 

エッグサポート

■評価■

パッケージはエメラルドグリーンのスタイリッシュなデザイン。
こちらは使い切りタイプの容器が個包装で入っていて衛生的です。

容量は4.5mlと実際に出してみるとかなり多く感じました。

また、安全面では安全性試験だけではなく、医療機器の製造環境で製造されてたり、
すべてが日本製という点でこだわりを感じます。

効果の点では【粘度・浸透圧・pH・イオン組成】これらが
バランス良く製造されているそうで効果にも期待できます。

また、すこし値段が高いのがネックですが、まとめ買いで最大30%OFFととても安くなります。
もしゼリーが余った場合でも「返金キャンペーン」というものをやっているので無駄にならないのがうれしいですね。

 

プレグゼリー

■評価■

パッケージはコンタクトの保存液のようで清潔感があります。
こちらは化粧水のようにそのまま手に出して局部に塗る製品です。

容量は多く、たっぷり使うことができます。
また、粘度はとても分泌液に近いなと思いました。

効果についてはイオン組成も調整されており成分も良く粘度も良いのですが、
手に出して自分で塗らなければいけない為、膣内にしっかりと行きわたらせることができるかが心配です。

値段は今回の中で最も安く一度試すには良いかなと思います。
しかし口コミでは医療用シリンジを別途購入して使用する方が多いようです。

 

フーナーサポート

■評価■

白と青を基調とした精子をドットに見立てた奇抜なパッケージです。こちらも使い切りタイプで安心できます。

容量は1.6mlと少なく、これで膣内に行きわたるのか心配になりました。

安全性試験は行っていましたが、効果に関しては
「粘度・pH・浸透圧」とイオン組成はありませんでした。

衛生面についてはかなり気を使っている製品ですが
効果については少し不安が残ります

プレシード

■評価■

赤ちゃんとママの写真が特徴のパッケージです。
こちらは本体のチューブからゼリーをシリンジに充填するタイプになります。

内容量は多めですが、粘度はかなりサラサラでシリンジに充填する際に漏れだしてしまいました・・・
シリンジもかなり簡素な作りで、注入する際は丁寧に行わないと危険かもしれません。

アメリカで妊活されている方々にはかなり定番の製品のようで安全性では安心はできますが、実際の効果についてはpHのみ言及されておりその他については不明です。

まとめ

今回選ぶポイントとして差が出たものは「イオン組成」です。
イオン組成が整うことで精子の運動率が上がり、しっかりと届きやすくなるというものです。
プレグゼリーとエッグサポートはイオン組成も調整してあると明記してあり、効果も期待が出来そうです。
実際に購入する立場として、あくまで私の個人的な意見をまとめてみました!

プレグゼリーは価格も安く粘度も優れているので、試しに使ってみたいという方は良いかと思います!
また、シリンジを自分で購入しないと奥まで入れることができないのでシリンジは必須だと思います。
その際はコストと衛生面で少し不安があります。

エッグサポートは購入価格は少し高いですが、製造環境や使い切りタイプという点で衛生面で安心できます。
また、1箱ではかなり値段はがマイナスポイントですが、まとめ買いをすることで多少お得になるので

こちらを購入する場合はそれがオススメです。

正直私は面倒くさいのが嫌なのでエッグサポートを使用することにしました。
ここでケチって後で後悔するのも嫌ですしね

また、初めはこういった潤滑ゼリーってどうなんだろう?と思いましたが
慣れてしまうと楽だし、多少効果があると思うと、気が重かった妊活も少し気が楽になりました
もし、少しでも気になった方は、ぜひ試してみてくださいね!



TOP