メニュー

記事をさがす

キーワード:

妊活の基本は基礎体温を測るところから!

妊活で大事になるのが排卵日の予測です。

排卵日を特定できれば、妊娠しやすい日を特定することができて妊娠できる確率がアップします。

この排卵周期を割り出すために、まず行いたいのが基礎体温の測定です。

今回は、そんな基礎体温から排卵日が分かる理由やその方法、気をつけたいポイントについてまとめました

 

妊活では排卵日予測が大事

妊活をする女性がまず行いたいのが「排卵日の予測」です。

卵子の寿命は排卵されてから長くて24時間程度。その卵子が受精できる期間は、さらに短い6~8時間しかないと言われています。

精子の寿命が平均して2~3日だと言われているのに対して随分短いですよね。

 

そのため、排卵日前後にセックスをしなければ卵子が受精することができず、妊娠できないということになってしまいます。

せっかく日常生活に気をつけていても、排卵日の予測がずれてしまうだけで台無しになってしまうのは嫌ですよね。

そこで気になるのが、「どうやって排卵日を予測するの?」ということ。

 

排卵日の予測は、排卵検査薬を使用したり病院で血液検査や超音波検査をしたりということでもできますが、

基本とも言えるのが基礎体温を使って予測する方法です。

今回は、そんな基礎体温を使ってなぜ排卵日の予測ができるのかやその方法、注意すべきポイントについてお話したいと思います。

 

 

基礎体温を使った排卵日予測

基礎体温とは

基礎体温は、一般的に言われる体温とはちょっと違って、

人間が生きていくために必要な、最低限のエネルギーを使っている状態の体温のことを基礎体温と言います。

具体的には、”朝目が覚めて活動をする前の体温”のことです。

 

この基礎体温は、妊活をする上で必ずと言っていいほど話題に上がる、いわば「妊活の基本」とも言えます。

この基礎体温は女性の生理周期にともなって変化するため、継続して記録することで排卵日を特定することができ、

妊娠できる確率を上げることができるのです。

 

基礎体温と排卵日の関係

基礎体温を利用することで、妊活で大事な排卵のタイミングを正しく掴むことができます。

そのため、病院に受診する際にも「2~3ヵ月記録したものを持ってきて」と言われることも少なくありません。

そんな基礎体温は、女性ホルモンの影響を受けて周期的に変化することが知られています。

基礎体温を毎朝検温して記録していくと、大体1ヵ月で次のようなグラフが書けることになります。

月経がはじまってから約14日間程度は「低温期」という基礎体温が低い状態になり、

その後黄体期に入ると数日かけて0,3℃~0.5℃くらい基礎体温が上昇し「高温期」が訪れることになります。

低温期には卵子を育てるために女性ホルモンのエストロゲンが優位になり、その影響で血管が拡がるために体温を下げることになります。

 

このエストロゲンの量は排卵日に近づくにつれて多くなりますので、

低温期の終わりごろにグッと体温が低下する日が現れることがあります。その一時的に基礎体温が下がった日が排卵日です。

一時期、このがくっと下がる体温の日に排卵があると言われていましたが、

最近の研究ではその日の前日から高温期に入るまでの間に排卵があるということが分かっています。

排卵後は、黄体ホルモンが優位になって高温期に入ることになります。

 

もちろん、女性の生理周期は個人によって違いますし、

低温期と高温期の体温の差が明確でない人や排卵日に体温が下がらないという体質の人もいます。

そのような場合でも、月経と月経のちょうど中間あたりに排卵があると考えられますし、

データが集まれば集まるほど確度が高い予想をすることができます。

 

基礎体温の測り方と記録方法

基礎体温の計測は普通の体温測定とは違うため、間違った方法で測定してしまうと排卵日の予測に使えないということもあります。

基礎体温の測り方と記録方法をチェックしておきましょう。

 

婦人体温計を枕元に用意してから就寝する

基礎体温は、朝布団の中で寝転がっている状態で婦人体温計を使って測ります。

婦人体温計は、小数点以下2桁まで測ることができる体温計で、

細かく計測できるため体温がいつもよりも低くなる排卵日にも気が付きやすくなります。

 

身体を動かしてしまうと体温が上がってしまいますので、就寝前に体温計を枕元に用意しておき、

最小限の動きで測れるようにしましょう。

また、あくびや伸び、寝返りなども体温の上昇を伴いますので、ぐっと我慢するようにしてください。

 

決まった時間に測る

人間の体温は、体調や活動によっても変わりますが時間によっても変わります。

そのため、基礎体温の測定はなるべく決まった時間に測るのが大事です。

決まった時間に測れるように、目覚ましをセットしたりパートナーにお願いしたりしておきましょう。

 

計測は口で

基礎体温を測るときには、わきの下で測るのではなく口で測るようにしましょう。

具体的には、婦人体温計の銀色の部分を舌の裏側の筋の根元にあて、口を閉じて計測します。

 

基礎体温表に記入する

基礎体温表は、横軸に毎日の日付、縦軸に体温が記入できるものを使用しましょう。

0.1℃間隔のものも多いですが、あまり大雑把だと生理周期の予測が難しくなってしまいますので、

0.05℃や0.02℃ごとに補助線が入っているようなものを使用するのがおすすめです。

その日の気分や睡眠時間なども記入しておくと、妊活にも役立てますよ。

 

基礎体温で気をつけるポイント

正しい基礎体温をつけて排卵日を予測するためには、次のようなポイントがあります。

 

毎朝続ける

基礎体温の計測は、忘れてしまったり忙しかったりなどで毎日できないという人もいます。

しかし、そういった穴だらけの記録では正確に生理周期を予測するのは難しくなってしまいます。

毎日続けていると習慣になって苦ではなくなりますので頑張りましょう。

 

排卵日や生理周期の予測には、23ヵ月分の基礎体温表が必要

基礎体温表を使って排卵日や生理周期の予測をするためには、周期を正しく把握することが大事になります。

そのため、基礎体温表は最低でも2~3ヵ月分は必要になります。

また、「生理周期が分かったら基礎体温はもう測らなくてよいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、

女性の生理周期はストレスや生活習慣ですぐに乱れてしまいますので、妊活中は継続して記録しておくことがすすめられています。

 

睡眠時間をしっかりとる

妊活中は生活習慣に気をつけているという人も多いですが、忙しくて中々睡眠時間が確保できないという人もいますよね。

しかし、睡眠時間が短かったり睡眠が浅かったりすると、基礎体温にも乱れが生じることがあります。

毎日5~6時間は眠れるようにしたいですね。また、良質な睡眠をとるためにお酒の飲みすぎやストレスのためすぎにも注意したいですね。

 

基礎体温は妊活以外でも使える!

基礎体温表から生理周期を割り出せると、排卵日に生理周期の日数を足すことで次の排卵日の予測ができます

すると、この日にセックスをすればよいということが分かりますので、効率的に妊活を進めることができます。

また、基礎体温の異常から頻発月経などの婦人科系の病気の発見に繋がることも良くありますし、

そのほかにも女性ホルモンを利用した美容にも利用することができます。

 

低温期にはエストロゲンによって血管が拡張しており、効率よくダイエットができます。

反対にお肌が敏感になりがちな高温期には、念入りにスキンケアをすることで肌荒れを防ぐこともできます。

毎日記録をし続けることに抵抗がある方もいるかもしれませんが、排卵日が分かる基礎体温は妊活の基本

その上女性としてぜひとも利用したい効果もありますので、この機会にはじめてみてはいかがでしょうか?

TOP