メニュー

記事をさがす

キーワード:

妊娠初期、超初期症状の気を付けること

「なんだか体調が悪い」と思っている方、もしかすると妊娠しているのかもしれませんよ?

妊娠は予定日を過ぎても生理が来ないことで疑う人もいれば、長引く体調不良や嗜好の変化で「もしかして」と気づく人もいます。

今回は、そんな妊娠したら現れやすい症状についてまとめました。

 

多くの妊婦さんが妊娠に気づく妊娠初期やその前の妊娠超初期に起こっている身体や赤ちゃんの変化についても

あわせてチェックしちゃいましょう!

 

妊娠超初期ってどんな時期?

妊娠して、0週~3週までの、次の生理予定日までの期間を妊娠超初期といいます。

妊娠の週数は、妊娠した日ではなく前回の生理が「妊娠0週0日目」となります。

そのため、0~2週では赤ちゃんがまだお腹にいない状態になりますので、妊娠超初期はたいていの場合は3週目を指します。

 

次回の生理までの短い期間になりますが、受精や着床をし、

プロゲステロンとエストロゲンが増加するなどホルモンにも変化が起こるじきになります。

これらのホルモンが増加すると、生理前と似たような症状が現れたり、妊娠中独特の症状が現れたりします。

 

妊娠超初期に現れる症状とは

妊娠超初期に症状が現れることもありますが、いつもの生理前の症状と変わらないものも多いです。

また、体調不良などと勘違いしやすいため兆候に気づける人はあまり多くはありません。

 

お腹の痛み

生理痛のようなチクチクした痛があったり張っているような感じがしたりという人もいます。

 

少量の出血

着床する時に、ごく稀に出血をしてしまうこともあります。

着床時の出血は、不正出血や生理の血だと勘違いしてしまう人も少なくありません。

不正出血や生理中の血液量と比べて少量です。気になるという人は、病院を受診しましょう。

 

おりものに変化

生理前はおりものの量が多くなりますが、妊娠超初期でも同じようにおりものの量が増えることが分かっています。

 

胸の違和感

いつも生理前には胸が張るという人は、いつもよりも胸が張って痛みを感じたり

乳首が敏感になって衣服で擦れるのも嫌に感じたりなどの違和感に気づきやすいといわれています。

また、女性ホルモンの影響で乳首の色黒っぽく変化してきますので、それで妊娠に気づく人もいます。

 

消化器官の異常

早い人では、妊娠超初期のうちに悪阻の症状が現れる人もいます。

ご飯がいくらでも食べられるような感覚になったり、反対に胃もたれや胃痛で食欲がなくなってしまったりという人もいます。

ホルモンの影響で便秘や下痢になってしまったり、頻繁に尿意を感じたというのも妊娠中によくある症状です。

また、妊娠するとお腹がすいているわけでもないのによだれが増えるという人もいるようです。

 

味覚や嗅覚に変化

普段は食べたくならないのに、急にフライドポテトが食べたくなったり

ラーメンのような濃いものが食べたくなったりという症状が現れることもあります。

また、アルコールやたばこなどの臭いに耐えられなくなったり

ご飯が炊けるにおいが気持ち悪くなってしまったりという症状が現れる人もいます。

 

眠気

「いつもより長く寝ていても全然寝足りない」と感じてしまうのは、

妊娠超初期や妊娠初期に現れる症状で、『眠りづわり』と呼ばれています。

この時期は大事な時期なため身体が眠気でブレーキをかけて身体を休めようとしているといわれています。

 

微熱や頭痛、身体のだるさ

妊娠をすると、ちょっと熱っぽくなったり頭痛や身体のだるさなども感じたりすることがありますので、

「風邪かな?」と勘違いしてしまう人も珍しくありません。

咳や鼻水などは伴いませんので、そこで判断もできるかもしれません。

 

眩暈や立ちくらみ

着床後から出産までの間は、赤ちゃんへ酸素や栄養を送らなければならない分ママの身体の血液量を増やさなければならなくなります。

そのため、妊娠超初期でも血液量が足りなくて貧血の症状が現れるという人もいます。

 

妊娠初期ってどんな時期?

妊娠初期は、妊娠4週~15週までの時期を指します。

妊娠4週になると超音波検査で妊娠がわかるようになり、

妊娠6週では赤ちゃんの心臓がちゃんと動いているかを確認することができます。

 

妊娠7週では少しずつ人間らしい形になり、手足や心臓や胃などの臓器、

脳や脊髄、目や耳といった神経系もめまぐるしく発達します。

そうして、妊娠11週までには3頭身くらいにまで成長して、外性器も発達してくることになります。

 

この頃まではお腹のふくらみもありませんが、胎盤が完成してへその緒が作られる妊娠15週くらいには、

赤ちゃんもすくすくと大きくなってお腹も目立つようになってきます。

ママの体調としては、ホルモンの変化で体調の変化が顕著になりやすく、妊娠5週くらいからは悪阻に悩まされることもあります。

悪阻のピークは妊娠8週くらいで、長い人でも妊娠13週くらいには落ち着いてきます。

 

妊娠初期に現れる症状とは

妊娠初期に生理が遅れたことから「もしかして…。」と思って検査して妊娠が発覚したという人は多いです。

また、基礎体温をつけている人は高温期が長引くことで妊娠に気がつくという人もいます。

 

妊娠初期では、妊娠超初期症状でお話したような「お腹の痛み」や「胸の違和感」「消化器官の異常」や「味覚や嗅覚の変化」「眠気」「微熱や頭痛、身体のだるさ」「眩暈や立ちくらみ」といった症状がより顕著に現れやすくなります。

また、ホルモンの影響が現れて、体毛が濃くなってきたりニキビなどの肌荒れが治りにくくなったりということもあります。

 

特にこの時期に悩まされる人が多いのが悪阻です。

悪阻の症状の重さは人にもよりますし、

「上の子はあったけど、下の子はなかった」など、赤ちゃんによっても変わってくるといいます。

悪阻が重い場合は、「水すら飲めない」という人もいて、数kgも体重が減少してしまうという人もいます。

 

あまりに悪阻が酷い場合は、ムリせず病院に行くと点滴をうつなどで対処してもらえます。

悪阻が酷いと「産めないかも」と不安になってしまいがちですが、

悪阻はあってもなくても元気な赤ちゃんは産まれてきますので安心してください

 

また、この時期にはホルモンバランスが崩れてしまうことや

様々な体調の変化からストレスを溜めてしまいやすく、精神的にも不安定になりがちです。

ゆったりした音楽を聞いたり映画鑑賞や読書、漫画を読んだりなど、なるべくリラックスして過ごすようにしましょう

 

症状が現れたらどうするべき?

「もしかしたら」と思うような症状が現れると、行いたいのが妊娠検査薬での検査です。

妊娠検査薬で検査をして陽性だったら病院を受診し、

尿検査や超音波検査をして「本当に妊娠しているのか」「正常に育っているのか」を確認していくことになります。

 

しかし、妊娠超初期に疑わしい症状が現れた時には妊娠検査薬での検査はちょっと待ってください。

妊娠検査薬の結果が上手く反映されるのは早くても前回の生理から30日程度だといわれていますので、

検査は早くても次回の生理予定日を過ぎてから行うようにしましょう。

 

妊娠15週までの時期は、赤ちゃんはかなり不安定な状態ですし、ママも身体の変化でつらいという人が多くなります。

眠気や食欲などに逆らわずゆったりとした気分で過ごすように心がけましょう。

TOP