メニュー

記事をさがす

キーワード:

<マタニティグッズ>本当に必要なものリスト

お金を使うなら、ママのものよりも子どものものを充実させたいという人は多いですよね。
そこで思うのが、「マタニティグッズは節約して、必要最低限に抑えたい」ということ。

そこで、「マタニティグッズで本当に必要なもの」をまとめてみました。

また、妊娠生活を快適にすごすためには、「人によって必要になるもの」もあります。
今回はそんな必要なものリストをリストにしてみました。

プレママさん必見ですよ!

 

マタニティグッズで絶対に必要なもの

 マタニティグッズで本当に必要になるのは、実は母子手帳や医療費控除のほかはママが身につけるものだけです。

 それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

・母子手帳/医療費控除

 母子手帳や医療費控除は、お住まいの市町村役所で妊娠の届出を出すと公布してもらえ、

 妊娠中の健診から幼児期の終わりまで使うことになります。

 

・マタニティ下着

 大きくなったお腹をスッポリ覆うことができるショーツや出産の時に必要になる

 産褥ショーツや妊娠~産後にかけてサイズアップする胸を優しくホールドしてくれるブラジャーも欠かせません。

 

・腹帯、マタニティガードル

 妊娠中期~後期にかけては、腰痛やお腹の張りに悩まされるという人も多いです。

 そんな時には戌の日にご祈祷してもらう腹帯やマタニティガードルを身につけると身体への負担も軽減できます。

 ただし、正しくつけないと血行不良を招いてしまい逆効果になってしまうこともありますので気を付けましょう。

 腹帯やマタニティガードルは冷えの予防にも効果的です。

 

・マタニティ服

 マタニティ服は、マタニティパンツ1、2着にマタニティ用のレギンスやタイツがあれば、

 あとはチュニックや緩めのカットソーなどのトップスを着まわせます。

 そのため、あまり購入していないという人も結構います。

 

 手持ちの服でゆったりした服がどれくらいあるのか確認してから購入するとムダも減らすことができます。

 購入する場合には産後も着られるように授乳服にもなるものを選ぶとよいでしょう。
 また、検診の時のために1着はワンピースかスカートを持っておくようにしましょう。

 

・マタニティーシューズ

 妊娠中には、スニーカーやスリッポン、ローパンプスやバレエシューズなど、

 底面がフラットで安定感があるものを履くようにしましょう。

 ヒールの靴は、足腰に負担がかかってしまいますので、産後に骨盤が締まって安定するまでは封印しておきましょう。

 

 妊娠中期~後期になると、しゃがんで靴を履くのも大変になってしまいますので、

 スリッポンやバレエシューズのように手を使わずに履くことができる靴は特に重宝します。
 また、冬場は平らなムートンブーツが冷え対策になっておすすめですよ。

 

人によっては必要なもの

 妊娠生活を快適にすごすためには、絶対ではないけれど、人によっては必要になるものもあります。

 

・母子手帳ケース

 市町村によっては、母子手帳ケースも一緒に配布してくれることもありますが、ケース自体がないところもあります。

 母子手帳は持ち歩くことも多いので寄れたりぐちゃぐちゃになってしまいやすいので、

 カバーがない場合には購入することをおすすめします。

 

 母親学級や診察などで意外と書類をもらうことも多くなりますので、

 全部まとめられるポケットがついた母子手帳ケースはとても便利です。

 また、双子のように多胎妊娠だった場合には、全員の母子手帳をひとまとめに管理できる母子手帳にすると楽チンですよ。

 

・マタニティキーホルダー

 「おなかにあかちゃんがいます」というマタニティマークがついたキーホルダーで、

 市町村役場に届け出をした時に母子手帳と一緒に貰えます。

 公共交通機関を利用したり人どおりが多い場所に行ったりという方は、

 自分のためにも周囲のためにもバッグなど分かりやすい場所につけておきましょう。

 

・サプリメント

 妊娠中には赤ちゃんの健康をまもるために葉酸を積極的に摂取する必要がありますし、

 ビタミンやカルシウム、鉄分など妊婦さんに不足しやすい栄養もあります。

 しかし、摂るのが難しかったり摂れているか不安だったりという人も少なくありません。

 

 そんな時に利用したいのがサプリメントです。

 サプリメントを使用する場合、必ず商品の後ろ側やサイトをチェックして、妊娠中も使えるか確認するようにしましょう。

 

・抱き枕

 妊娠中期~後期にかけて欲しくなるのが抱き枕です。

 睡眠中の腰の圧迫を軽減することができますので、特に腰痛持ちの人や体重の増加が標準~多い人におすすめです。

 タオルや普通の枕、クッションなどで代用している人もいますが、寝心地を追求するなら長めの抱き枕の方がよいでしょう。

 授乳枕と一緒になっているタイプもあります。

 

・腹巻

 妊娠中に避けたいのが「冷え」です。

 血行不良を引き起こし、むくみやコリ、こむら返りなどの原因となったり便秘になってしまうこともあります。

 

 また、逆子の原因にもなってしまうと考えられていますので、

 秋から春にかけての寒い時期にはなるべく温かい恰好をしておきましょう。

 腹巻のほかに毛糸のパンツやぶ厚い靴下もおすすめです。

 

・ひざ掛け

 冷房が効いた屋内や寒い時期に頼りになるのがひざ掛けです。

 毛布のようなものも暖かいですが、ストールのようなものですと持ち運びも楽です。

 

・加圧ソックス

 妊娠中期~後期に起こりやすい血行不良やむくみ対策に有効なのが加圧ソックスです。

 むくみが酷いときには我慢せずに履くようにしましょう。

 

・マッサージ機、ツボ押し機

 血行不良やむくみ、腰痛などの痛みに効果的なのがマッサージです。

 専用の機器がなくてもマッサージはできますが、

 毎日のようにケアをするのも大変ですので、ストレスに感じるようなら買ってしまった方がよいでしょう。

 ツボ押しは、陣痛を和らげるために使う人もいます。

 

・妊娠線クリーム

 妊娠中期~後期にかけてできやすい妊娠線を予防するためのクリームが妊娠線クリームです。

 普通の保湿クリームでも代用できますが、妊娠中の荒れやすいママのお肌のことを考えると、

 オーガニックなど余計な化学物質を使っていないクリームがおすすめです。

 

・母乳パッド

 妊娠後期になると、おっぱいの出をよくするために母乳マッサージを指導する病院も増えてきました。

 そんなおっぱいマッサージをしていると、人によっては妊娠後期の段階から母乳がでてくる人もいます。

 母乳が下着につくとカビになってしまうこともありますし、

 衛生的にも良くありませんので、母乳パッドをつけることをおすすめします。

 

・育児本や育児雑誌

 育児本や育児雑誌で妊娠中に勉強しているという人は多いですが、

 内容も重複していたりするので何冊も購入する必要はありません。

 2、3冊くらいまでにしておきましょう。

 

・出産本や漫画、DVD

 初産で周りにあまり出産した経験がある人がいないという時には、

 出産のエピソードを綴った本や漫画、映画のDVDなどを見て勉強しておくとよいでしょう。

 マタニティブルーやホルモンの変化で身体が辛いという時にも励まされますよ。

 

・料理本

 妊娠中におすすめの料理や出産後の料理について書かれている料理本もあります。

 貧血やむくみなど、お悩みごとに料理が掲載されているものもあり、

 体調管理に不安があったり料理の腕を磨きたいという人におすすめです。

 

・アルバム

 健診ごとに増えていくのが、赤ちゃんのエコー写真です。

 このエコー写真をアルバムに保存しているという人も少なくありません。

 その時感じていたことをメモに書いて一緒に保存しておくと、

 赤ちゃんが大きくなってから一緒に見ることができそうですね。

 

 妊娠中に撮るマタニティフォトやプリクラも最近の流行です。

 これらと一緒にまとめてみてはいかがでしょうか?

 

・知育(胎教)本やCD

 妊娠7ヵ月くらいになると、胎教をする人も増えてきます。

 胎教は、お腹の中の赤ちゃんに話しかけるほか、

 絵本の読み聞かせをしたり音楽を流したりということも効果的だと言われています。

 

・聴診器

 赤ちゃんの心音を聞くことができる聴診器は、今プレママの間で大人気。

 妊娠7ヵ月~臨月までには赤ちゃんの心音が聞こえると言います。

 女性は胎動を感じられて「もうすぐママになるんだ」と心の準備ができますが、男性は中々実感がわきづらいと言います。

 

 そんなときに、聴診器があれば男性も一緒に赤ちゃんを身近に感じられるかもしれませんよ。

 聴診器は、胎教をしながら赤ちゃんの反応を聞くのに使用しているという方もいます。

 

入院で必要になるものは、病院ごとで違う!

マタニティグッズを揃えようと思うと、気になるのが入院の時に必要なものです。

病院によっては、ホテルのようにパジャマやヘアゴム、スリッパが揃っていたり、

赤ちゃんの肌着やパジャマ、授乳枕などを用意してくれているところもあります。

 

そのため、「母子手帳とお金、あとは退院の時の赤ちゃんの肌着だけお願いします」と言われることもあります。

反対に、入院中のパジャマなどが必要になる病院もありますので、

入院する病院が決まったら必要なものを病院側に確認し、妊娠後期までには準備しておきましょう。

TOP