メニュー

記事をさがす

キーワード:

乾燥肌かも?赤ちゃんの乾燥肌チェックリストと正しいスキンケア方法まとめ

赤ちゃんのお肌がカサカサしていたり粉っぽくなっていたりしたら、それは乾燥肌

実は赤ちゃんのお肌は大人よりも乾燥しやすくなっているのです。

乾燥肌を放っておくとかゆみや湿疹、アトピーなど、肌トラブルのもとになってしまいますよ。

 

そんな赤ちゃんの乾燥肌を改善するためには、スキンケアの方法の見直しが大事になります。

ここでは、赤ちゃんが乾燥肌ではないかがチェックできる項目と、よくある間違ったスキンケア方法と正しいスキンケア方法をご紹介します。

赤ちゃんを潤いがあるすべすべ美肌に戻してあげましょう!

 

赤ちゃんの乾燥肌

赤ちゃんの乾燥肌や肌トラブルには、大人とはちょっと違った特徴があります。

乾燥してしまう理由や乾燥肌が疑われる症状について確認しておきましょう。

 

赤ちゃんのお肌はデリケート

「赤ちゃんのお肌はデリケート」という言葉、よく聞きますよね。

それは赤ちゃんのお肌が発達段階だからです。

潤いを保つ役割がある角質層も未熟で、皮脂の分泌も少ないためとても乾燥しやすいのです。

 

赤ちゃんのお肌が乾燥してしまうと、『肌のバリア機能』という外からの刺激を防ぐ効果が弱くなり、身体の中に入ってきてしまうことに。

そうなってしまうと乾燥肌や肌のバリア機能がさらに酷くなってしまいます。

また、アトピーのようなアレルギー性の炎症を起こしてしまうこともあります。

 

外からの刺激は、化学製品やダニやホコリなどのハウスダスト、紫外線や摩擦など様々です。

そのため、「赤ちゃんが使うものだから」と洋服の生地やタオルなどにだけいくらこだわっていても、赤ちゃんが乾燥肌になってしまうと「マメにおむつを変えているのに赤くなってしまった」「肌がかゆいのかいつもひっかき傷が絶えない」というような症状が現れてしまうのです。

 

赤ちゃんの乾燥肌チェックリスト

そんな乾燥肌に赤ちゃんがなっていないか、チェックしてみましょう。

 

□お風呂の後、お肌がつっぱるような感じがする

□お肌を触るとカサカサ・ザラザラしている

□唇が切れていることがよくある

□白い粉を吹いている

□かゆみがある

□赤みがある

□気づかないうちにひっかき傷ができている

□湿疹(ブツブツ)がある

 

この項目にチェックが1つでもついてしまったら、赤ちゃんは乾燥肌になってしまっている恐れがあります。

 

このような乾燥肌は、スキンケア方法を見直すことで、多くの場合は改善されます。

次で正しいスキンケア方法をチェックしておきましょう!

 

正しいスキンケア方法

間違った赤ちゃんのスキンケア方法を気づかずに行っている人は少なくありません。

赤ちゃんのためにも正しいスキンケア方法を勉強しておきましょう。

 

< 洗浄編 >

石鹸を使ったお風呂は11回まで

よくある間違いが、「赤ちゃんは清潔な方がよいだろう」と洗いすぎてしまうということです。

石鹸に含まれる洗浄成分は、何度も洗ってしまうことで赤ちゃんのお肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥肌の原因になってしまいます。

 

そうなると、ただでさえ薄いお肌に傷をつけてしまい炎症を起こしてしまうことも。

おむつかぶれが心配な場合もお湯で流すだけにしてあげましょう。

 

入浴は保湿にプラスの効果も

入浴は、衛生面以外にも身体への水分補給の役割も持っています。1日1回は入るようにしましょう。

ただし、長湯は必要な皮脂を落としてしまいますので気をつけてください。

 

熱めのお湯はNG

熱めのお湯は、身体の乾燥を招いてしまうためNG。かゆみを誘発してしまうことにもなります。

 

乾燥や炎症が起こっている場所もちゃんと洗う

赤ちゃんの汗腺は細く密集しているため、皮脂の分泌量が少なくてもすぐ詰まってしまいます。

余分な皮脂は炎症の原因となりますので、必ず落とすようにしましょう。

 

乾燥や炎症が起きている場合にはその部分を洗うことに戸惑うこともあると思いますが、

洗わなければ汚れが余計に酷くなってさらに炎症を悪化させてしまうこともあります。

とはいえ、摩擦のような刺激もよくありませんのでガーゼではなく手を使って、たっぷりの泡で優しく包み込むように洗ってあげてください。

 

赤ちゃんの念入りに洗う場所を確認して

赤ちゃんの汚れがたまりやすい場所は首や脇の下、間接の内側部分です。シワを伸ばして念入りに洗うようにしましょう。

また、股間やおしり部分もおむつで蒸れ、炎症を起こしやすい場所になります。

 

すすぎのこし防止のために、シャワーを活用

すすぎのこしがあると、せっかく洗ってきれいにしても石鹸に使われている成分が残っていたら台無しです。

石鹸カスは実は赤ちゃんのお肌にかなりの刺激

お肌の乾燥や炎症を起こしてしまいますので、シャワーで念入りに落とすようにしましょう。

 

< 保湿編 >

季節に関係なく毎日34回は塗布

健康な皮膚を守るためには、毎日のスキンケアが欠かせません。また、よい保湿剤を使っていても、効果があるのは数時間です。

おむつ替えや入浴後、食事後に必ず保湿剤を塗るという風に習慣づけてしまいましょう。

入浴後は特に5分以内が保湿剤を塗るゴールデンタイムです。

 

塗る前にきれいにしておく

保湿剤は、皮膚に水分を与えたり、皮膚の水分を逃がさないように蓋をしたりという働きをします。

そのため、塗りたい場所はきれいに洗ったり吹いたりしておく必要があります。

 

保湿剤を塗る量にも注意して

保湿剤は、塗る量が少なければ効果が期待できないこともあります。ティッシュが皮膚にくっつくくらいは塗るようにしましょう。

 

保湿剤の塗り方

強くこすらず、指先で優しくシワに沿って伸ばすようにします。背中やお腹など広範囲の場合は手のひらで塗るようにしましょう。

 

 

方法だけじゃなく、何を使うのかも見直して

スキンケア方法の見直しは大事ですが、それだけでは赤ちゃんの乾燥肌対策のスキンケアは十分だとは言えません。

スキンケアグッズは直接赤ちゃんのお肌につけるものですので、お肌の調子が悪いときにはどのようなものを使っているのかを確認する必要があります。

 

特に保存料や香料、着色料などの添加物が多く入っているものは刺激が強く乾燥肌やアレルギーになってしまいやすいので避けたいところです。

 

保湿剤は、保湿効果の高いものは皮膚への刺激が強くなり、反対に保湿効果が低いものは低刺激になるという特徴があります。

そのため、季節やお肌の状態によって使い分ける必要があります。

特に炎症が起こっているときには保湿効果で選ぶより少しでも低刺激なものを選ぶようにしましょう。

 

乾燥肌の場合、石鹸は刺激が少なくすすぎのこしの可能性が低くなる固形石鹸を選ぶのがおすすめです。

液状や泡状のベビーソープは使い勝手はよいですが、洗浄剤などがお肌に残ってしまいやすいので乾燥肌の赤ちゃんには向いていません。

固形の石鹸はこういったベビーソープよりも配合されている成分の種類も少なくて低刺激で洗い流しやすいのです。

 

もし、乾燥肌でかゆみがあるという場合は、アレルギー性の炎症が起こってしまっている可能性もあります。

そんな時には、まずは石鹸を抗アレルギー作用があるものに変えてみましょう。

抗アレルギー作用とはその名の通りアレルギーを予防したり抑えたりする働きがあるもののこと。

これを使うだけでお肌の過剰防衛を防ぐことができますので、つらいかゆみなどにも効果が期待できます。

 

強い抗アレルギー作用をもつ成分にはヘスペリジンという成分があります。

このヘスペリジンはミカンやハッサクなどに含まれる自然由来の成分で、

食べることもできサプリメントにもなっています。

あまり耳慣れない成分ですが、先日青みかんに豊富に含まれる「ヘスペリジン」が

アトピーの予防・治療に有効であるという近畿大学の研究成果が発表されて以来、

アトピーのお子さんをお持ちのママに注目されている成分なんです。

 

そんなヘスペリジンを多く配合している固形石鹸には『熊本農家の生せっけん 青みかもん』があります。

添加物のように余計なものも入っていませんので、乾燥肌の赤ちゃんでも安心して使えますよ。

 

いまやアレルギーをもつ子どもは7人に1人と言われています。

赤ちゃんの乾燥肌が気になるという人は予防の意味でもスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

TOP